0.5カラットの結婚指輪って作れる? | 自力で指輪を手作りしてみたい

HOME » じぶんでつくる指輪 » 0.5カラットの結婚指輪って作れる?

0.5カラットの結婚指輪って作れる?

0.5カラットの結婚指輪を作りたい

結婚指輪に0.5カラットのダイヤなどをつけた結婚指輪を自力で作れるのかというと、手作り工房を利用すればできる場合があります。

利用者がリングの基本的なデザインを自作し、その仕上げの工程でプロの職人に宝石をつけてもらうという流れになるでしょう。

このような流れの工房はよく見つかりますが、つけられる宝石のサイズに指定がある工房もあります。


0.1~0.3カラットには対応する工房が多いですが、0.5カラットは結婚指輪につける宝石のサイズとしては大きい方で、工房によっては選べない場合があります。

最初の製作の相談をするときにしっかり希望を伝えて、その工房で対応可能かどうかよく確認しておくことが大事です。

なお、宝石をつけるところまで自分でやれるかどうかは各工房のサービス内容によりますが、ここはプロの技術が必要になりやすく、職人の担当となる工房が多いです。

そこまで自分でやりたい方はこの点についても工房とよく相談しておきましょう。

デザインをよく相談しよう

0.5カラットの宝石は指輪につけるとかなりの存在感となります。

宝石を強調した高級感のある結婚指輪にしたいときには向いていますが、大きいからこそうまく留めないと何かにひっかかるなどして宝石が外れるリスクも高くなります。

宝石が大きくなるほどリング全体のデザインとして計算されたものでないと完成品が使いにくくなる場合がありますから、工房から特定のデザインをおすすめされる場合があるかもしれません。

そのときはおすすめされたデザインも含めて、どんな結婚指輪を手作りするか考えてみてください。

費用について

結婚指輪に0.5カラットの宝石をつけたいときは費用についてしっかり確認することが必要です。

手作り工房で必要になる費用は指輪の素材代も含まれます。

0.5カラットの宝石をつけるならその宝石代も費用に含まれるのです。

大きな宝石になるほど費用は高くなりがちですから注意してください。

さらに大きな宝石をつけるときは石留めにかかる手数料が高くなることもあります。

これらを合計していくら必要か、リーズナブルな料金で人気の手作り工房を利用するときでもしっかり確認しておくことが大事です。