結婚指輪の18金リング | 自力で指輪を手作りしてみたい

HOME » じぶんでつくる指輪 » 結婚指輪の18金リング

結婚指輪の18金リング

結婚指輪に18金リングはおすすめ?

どちらかと言うと、金色というのは、あまり好まれないのが結婚指輪です。
8金は高価な素材ですが、その色味を選ぶ人は限られます。
ですので、色味を変えるために、純金に銅や銀などを混ぜて発色させます。
ピンクゴールド、イエローゴールド、ホワイトゴールドというのはまさにそれで、他の金属を純金(24金)に混ぜるので、純度が落ちて18金になる仕組みです。

結婚指輪で24金は使わない?

24金は、素材が柔らかいので外圧で曲がってしまうという欠点があります。
ですからこれに他の金属を混ぜて、硬度を安定させるわけです。
指輪に18金が多いのは、まさにこの理由。
発色加工を施したピンクゴールドやホワイトゴールドは、若い世代からも人気のある素材のひとつです。

手作り指輪制作の流れ

手作り指輪工房で、18金の素材を使って結婚指輪を作ることができます。
制作の流れは、まずお店のスタッフとデザインの打ち合わせをおこないます。
デザインは、用意されたパターンの中から選ぶセミオーダーのものと、自分がデザインした指輪を作るフルオーダーのものがあります。
デザインが決まれば、今度は指輪の原型の制作をおこなう流れになります。
このサービスはここからがメイン。
カップルが二人で指輪作りを楽しめるというのが、このサービスの魅力となっています。
普通は、原型作りまでなのですが、お店によっては金属を溶かして原型に流し込む鋳造過程もやらせてくれるところがあるみたいです。

手作り指輪にダイヤを装飾する

手作り指輪をハンドメイドできるお店では、リングをデザインするだけではなく、ダイヤモンドやルビーなどの宝石を装飾することができます。
エタニティリングのようにダイヤをびっしりと埋め込むのもよし、シンプルに一粒だけ質のよいダイヤモンドを装飾するのもよし、自由自在にオリジナルの指輪を作ることができます。
気になった人は、手作り指輪工房について調べてみましょう。